S__2539527.jpg

​あらすじ

文武両道、噂に名高い礼儀作法、おまけにイケメンな「茨の道会」傘下の「武田組」組長
(川原田新一)は「茨の道会」幹部にのし上がる為、自分が組長を勤めている「武田組」を
息子の「真央田」に継がせようと模索していた、だが「真央田」はなんの常識も礼儀もない
任侠界の風上にも置けないダメ息子だった。
そこで「武田組長」はなんとか息子に「2代目武田組長」になってもらう為、まるで息子が
任侠界で大仕事を成功させたかのように、側近の「根本」(奥井隆一)とともに裏から工作作戦
を始めるのであった。